« 大岐の浜ツアー Ⅰ | トップページ | 大岐の浜ツアー Ⅲ ハプニング »

2008年7月20日 (日)

大岐の浜ツアー Ⅱ

P7201024 P7201035 P7201047 P7201053 Nec_0172 ビーチ添いのすてきな場所に移転したおいしいほうばいうどんを食べてから、今日は川遊びへ。四万十川の支流、黒尊川に向かう。水量は少なめだが、海とは違って冷たくて真水が気持ちいい。

四万十川の口屋内の沈下橋でD氏がお約束の飛び込み。カヤッカーや家族連れが楽しそうに水遊びしている。川漁師さんが今年は手長エビがたくさんとれるよといった。

黒尊川は四万十川よりもっと水が澄んでいて、離れて見ても魚の影がよく見える。シュノーケルをつけてもぐると、いるわいるわ魚も手長エビもカニも。去年岐阜で手長エビのから揚げを食べていたく気に入ったTちゃんは猛烈にエビを追いかけてなんとか捕獲しようとしている。彼女はあきずに1時間くらいエビを追いかけていた。エビ娘である。

ハナちゃんは新システムのたらいにのって静かに川を流れている。耳が痛くなるような蝉の声である。子供のころと同じ夏休みだ。

夕方D家にちょっとお付き合いいただいて私たちは波乗りへ。夕方だったけど、18時ころから急にサーファーが増えてきたので私たちはシャワーをあびて、夕ご飯の買い物をしてカイユさんにかえる。カイユさんでは今日は地元の方々があつまって、ライブをやっていた。なんと今日はバッハナイトだった。

みんなでご飯をつくって食べた。新鮮なイカとかつおはビックリするほどおいしい。やはり地産地消、近い大地からいただいたものは力があるなあ。

|

« 大岐の浜ツアー Ⅰ | トップページ | 大岐の浜ツアー Ⅲ ハプニング »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大岐の浜ツアー Ⅱ:

« 大岐の浜ツアー Ⅰ | トップページ | 大岐の浜ツアー Ⅲ ハプニング »