« くいだおれハaハaハa | トップページ | 発明 »

2008年6月 9日 (月)

英語コミック

Nec_0056 Nec_0057 英語も触れ続けていないとパッと出なくて困る。

読みかけの本を家のあちこちに置いていて、お風呂で読む本、寝る前に読む本、キッチン、リビングなど、全部平行してストーリーを読み続ける癖がある。

寝る前はゆっくり楽しめる本と決めているのだが、先日英語で会話するチャンスで単語がなかなか出てこなくて歯がゆい思いをしたので、以前凝っていた英語コミックを箱から掘り出してきて読むことにした。松本大洋シリーズとか、ドラゴンボールとか、すでにストーリーを知っているものが英語でどんな風に表現されているか読むとまた面白い。(ページ進行が日本版と逆からなんで片手で読みにくいけど)

ドラえもんは英語のふきだしの上にすぐ日本語がかいてあるので、微妙な表現のときはわかりやすい。しばらくこれを読む週間にする。

海外でも私は子供番組を見たり、絵本やコミックを買って現地の言葉を身近にするようにしている。(文法とか本当に苦手なので)外国からの友人は「サザエさん」にはまっていて、家族構成のありかたや季節の行事などがとてもよくわかると毎週録画している。たしかにそうかも。ああいう日常アニメって実は文化を学ぶ上でとても入りやすいのかもしれないなあ。

|

« くいだおれハaハaハa | トップページ | 発明 »

」カテゴリの記事

コメント

そういえば最近のアニメブームで日本の漫画の英語版が簡単に手に入るようになりましたね。英語版少年ジャンプとか本屋にあるんでびっくりしました。

投稿: ごまめ | 2008年6月14日 (土) 04時04分

すごいなあ、少年ジャンプ出てるのか。たぶん週刊のほうだろうしなあ。リアルタイムで伝わる時代になりましたよね。アニメ人気ですよねホント。そうそう、うちの本屋でもポケモン関連の本買い占めて(なんでもいいからポケモンついてるもん出してと言われた)帰る海外からのお客様がいました。

投稿: MARI | 2008年6月14日 (土) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語コミック:

« くいだおれハaハaハa | トップページ | 発明 »