« 夏至のキャンドルナイト | トップページ | スイレン展 »

2008年6月22日 (日)

若返りの話

365 身体を逆転させる倒立のポーズや、背中に手をあてて腰を持ち上げる肩逆立ちのポーズは毎日やっていただきたいポーズである。

重力に引っ張られてついつい下垂しがちな内蔵を逆から吊るし、適切な場所に戻すという効果と、頭に新鮮な血液を送るという効果がとても高いのだ。必要以上に食べ過ぎると消化器は食べ物の重さで下垂し、肩の筋肉をひっぱり肩こりの原因となるし、足の付け根を圧迫し冷えの原因ともなる。

インドでは、倒立や肩逆立ちを一日3時間以上行ずる者は時間を克服するといわれている(つまり年をとらないと)。それほど細胞ひとつひとつを活性化させてくれる効果が高いのだ。

私はヨーガのレッスンのなかでできるだけ毎回逆転のポーズを行うようにしているが、身体やお尻が重いマダムたちはなかなか肩逆立ちできないので、自分のできる範囲でやってもらっている。先日、何気なく「無理せずできる方だけやりましょう。このポーズは一日3時間は無理でも少しづつでもやれば若返りの効果が高いといわれているので」と言ったとたん・・・

普段は逆転のポーズのときは休んでいるマダムたちが頑張ってやり始めた。持ち上げられなかったお尻も持ち上がりはじめた。「若返り」の一言の効果はすごい。でも本当にこうやって少しでも前に向かう気持ちがあるだけで実際に若返り効果が出るとも思う。

|

« 夏至のキャンドルナイト | トップページ | スイレン展 »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若返りの話:

« 夏至のキャンドルナイト | トップページ | スイレン展 »