« 若返りの話 | トップページ | 仲間わけ »

2008年6月23日 (月)

スイレン展

Nec_0104 Nec_0116 P6220952 P6220958 P6220957 天候が荒れているのでカヤックは中止して、草津市の草津市立水生植物公園みずの森へ行くことにした。ちょうど、スイレンの季節で公園内の池は一面温帯スイレンや蓮が咲いている。ちょうどスイレン展(6月17日から7月21日)の真っ最中で、温室ではたくさんの熱帯スイレンが咲き誇っていた。

こんなに種類があるのかというぐらい様々な色が水に浮いている。スイレンは水に浮かぶように咲き、蓮はニョキニョキと水面より高く茎がのびて空中で咲く。葉っぱに水が溜まり、コロコロと転がるさまは神秘的である。どんな宝石より綺麗ではないか。この水生植物園の外側は琵琶湖と直結しているが、一面蓮の海である。7月に入ったら蓮の花でピンクと緑に染まるそうだ。なんだかこの世とあの世がつながる場所のようである。

ロータスカフェの横ではスイレンやめだかやほていあおいを売っていて、そのまま持って帰ることができる。梅雨の時期にちょっと気分転換に行くにはすてきなところだ。

http://www.mizunomori.jp (草津市立水生植物公園みずの森)

|

« 若返りの話 | トップページ | 仲間わけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蓮はチャクラと関係あるんですよね。

投稿: ごまめ | 2008年6月24日 (火) 02時39分

そういえば、ごまめさんの腰のハスはクンダリーニの発動を促してくれそうですね。

投稿: MARI | 2008年6月24日 (火) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイレン展:

« 若返りの話 | トップページ | 仲間わけ »