« 余分な力 | トップページ | 中国の地震のこと »

2008年5月16日 (金)

ときはなたれるということ

Img_2213 Img_2279  朝のヨーガが始まる前にお年寄りのマダムがゴソゴソしている。「何をなさっているのですか?」とたずねると、「ブラはずしてる!」と。ヨーガをするときはブラをはずすととても気持ちよく動けるからと。もう一人は「ガードルぬいでくる」ってトイレに走っていかれた。そうですよねえ、ホントよくご存知で。気持ちいいんですよ、なんの拘束具もなく動くことが。身体も心も。

私も動きを拘束するものがきらい。極力腕時計もアクセサリー関係も身につけない。以前南の海で水着を脱いで泳いだらものすごく気持ちよかった。これはやめられない自由感だなと思った。

私はマネできなかったけど、クライマーの友人(男)が西宮市のとある岩遊びエリアで早朝ボルダリングしているとき、身に着けているものをすっかり脱いでチョークバックひとつとクライミングシューズだけで登り「これがほんとのフリークライミングや!」と。局部を岩で摺ってだいぶ痛かったらしいけど、ものすごい自由感だと。いやあ快感でしょう、そりゃあ。

ハワイ島のコミューンでは全裸で暮らしている人がたくさんいたし、気候が許すならほんとうに最高の幸せだよなあと思う。ヨガウェア専門店で高価なウェアを買い、高価なスタジオで高価なマットをしいてヨーガするより、わたしは(公序良俗的に問題がない限り)外でぱんいちでヨーガをすることを好む。いつかみんなでゲリラ的にフリーヨーガを。

|

« 余分な力 | トップページ | 中国の地震のこと »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

日本人って実はすご~く自由だと思いますよ。
だって温泉とか銭湯とか他人の前で平気で「すっぽんぽん」になっちゃうんですもん。
アメリカで抜群のロケーションの「(天然)温泉プール」に入ったとき、どんなにか「すっぽんぽん」になりたかったか。
私の夢
①海外の天然露天温泉に「すっぽんぽん」で入る。
②日本の混浴天然露天風呂に「すっぽんぽん」で入る。
(ひょっとして捕まるんだろうか...)
混浴露天風呂研究家の男女お2人は対談で「男女とも「すっぽんぽん」は大原則だと言ってました。さんせ~い!!!!(すっぽんぽんで湯に浸かっての対談でした)

PS 私、シルシアーサナの練習は「ぱんいち」です。(じゃまなんだもん、いろいろと)

投稿: みちよ | 2008年5月16日 (金) 22時20分

大変すてきなことです。温泉なんてツルツルで入らなければ意味がありません。日本の温泉文化は世界に誇るものだと思います。ふと思い出しましたが、以前ヨセミテでエルキャピタンのふもとのヨセミテリバーであまりに暑くて、レスト日に泳いでいたとき。アメリカの友人が全部脱いでつるつるになりバシャバシャやりはじめました。すぐ横の道を観光客をトローリーで案内するレインジャーが。アメリカ(特にナショナルパーク内で全裸とか)では絶対に即お縄なので、私は必死で彼女のパーツを木の枝などで隠しまくりました。やれやれこまりますよ、弥生さん。

投稿: MARI | 2008年5月16日 (金) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ときはなたれるということ:

« 余分な力 | トップページ | 中国の地震のこと »