« ときはなたれるということ | トップページ | 魚跳峡 »

2008年5月17日 (土)

中国の地震のこと

日に日に死者と行方不明者が増えていく。阪神大震災のときのようだ。中国なんて戸籍のない人もいっぱいいるし、実際の被災者はもっと増えるのだろう。こういう言い方は誤解を招くかもしれないけど、なくなった方はもう仕方ない、生きている方をなんとかしないと。

私は阪神大震災のとき西宮の自宅にいた。ベッドから身体がはずみあがるような突き上げとともに布団の上になにか重たいものがどすんどすんと落ちてきた。揺れは長く感じたがほんとうはどれぐらいだったんだろうか。重い布団をなんとか持ち上げたら、土壁が私の上に倒れてきていた。まだまだ揺れる余震のなか、家族に声をかけあってみんな(犬も)無事で怪我がないことを知る。うちのまわりは一晩のうちにすっかり変わって二階が落ちている家もあった。近所中で声を出してつぶれている家の人を確認したり瓦礫をよけたり。

震災のことは書き出したらきりがないが、感じたのは温度差。

うちは全壊したので、ちかくのおじの家に身のまわりのものだけ移して引っ越した。アルバムも本もピアノも持ち出せなかったけど、とりあえず家族が怪我がなく生きていたからなにもなくてもなんとかなると思った。一週間たって、とりあえず大阪の会社に出社して驚いたのは温度差だ。武庫川ひとつへだてた尼崎そして大阪は電気も水もガスも通っていて、ネオンもそのまま。みんな綺麗に化粧して仕事していた。わたしは風呂にももちろん入らずどろどろでとりあえず出社しているのに。

「ボランティア休暇をください」と総務部長のところへ話しにいった。でも「気持ちはわかるけどそういうシステムがないからだめ」と。「水やカセットガスはどんどん届けるからね」と。確かに若手の男の子たちが毎日毎日水や食料も届けてくれた。でもそんなことじゃないんです。人手がいるんです。こんな会社はあかんと思った。

私も大学の先生やたくさんの知り合いがなくなったけど、なくなった方のことは嘆いている暇がなかった。生きているけど、このままでは弱っていく人たちをなんとかしないと。仮設住宅ができるまで、避難所とそこでの生活をなんとかしないとだめだ。テントやタープが出来るだけたくさん必要だ。中国のダメージは阪神大震災の何倍にもいたると思われる。日本のアウトドアメーカーからもぜひテントや今必要なものを協力してほしい。朝ヨガや外ヨガでいただいたドネーションはこちらに送らせてもらいます。とりあえず今私に出来ることで動くつもりです。

|

« ときはなたれるということ | トップページ | 魚跳峡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の地震のこと:

« ときはなたれるということ | トップページ | 魚跳峡 »