« 水はだいじ | トップページ | よってたかって »

2008年5月25日 (日)

呼吸法(部分調気)

Photo 心と身体のバランスがくずれやすいこの時期は、心身をリラックスさせながらそれぞれの呼吸器の筋肉をのびのびと広げ、動きをよくする呼吸を毎日心がけていきます。

調気(呼吸)を整えていく上で姿勢がキーになります。脊椎は見えない糸で吊り下げられたように楽にまっすぐ。無理な力がはいらないように。

正座でもあぐらでも自分の座りやすい座位で行います。あぐらで腰が窮屈に感じる人は尾てい骨の下に布をひいて底上げします。

①腹部での呼吸 

片手を穏やかにへその下の腹部において、腹部をふくらませるようにゆっくり空気をいれ、軽く手で押しながら一定の速さでゆっくり息をはいてゆく。これを数呼吸続ける。

②胸部での呼吸

次は、両肩も腹部も動かさず、胸部をふくらませて胸郭だけで呼吸する。なれないうちは胸に手をあてて気を誘導する。一定の速さで胸郭を味わいながら数呼吸続ける。

③両肩を使って呼吸する

腹部も胸部も動かさず、すうときに両肩を持ち上げ、息をはくとき両肩を下げる。一定の速さで肩甲骨をあじわいながら数呼吸続ける。

最後に腹、胸、肩、眉間とゆっくり息をいれて、吐ききる。

部分をすこしづつ広げて、のびのびと気の通りやすい身体にします。四季を通じてどんなときも身体を整える呼吸法です。ご自分の身体で試してみましょう。

|

« 水はだいじ | トップページ | よってたかって »

呼吸について」カテゴリの記事

コメント

今日のレッスンに取り入れる予定です!!

投稿: みちよ | 2008年5月27日 (火) 12時32分

ええぜひ!この調気法は穏やかで、どなたがやっても大丈夫です。たくさんある調気法のなかには高血圧や妊婦の方は避けたほうがよいものもあるのですが、部分調気は大丈夫。出来るだけ快適な環境で行います。

投稿: MARI | 2008年5月27日 (火) 12時41分

3番出来ないよ~
肩だけなんて難しい。お腹が動く。きっとコツがあるのね。

投稿: チャコちゃん | 2008年5月27日 (火) 15時02分

そうですよね、見ないとわかりにくいですよね。どちらかと言うと肩を後ろに引くような感じで肩甲骨を引き寄せてから持ち上げるとできるかな。肋骨側より肩甲骨側に空気をいれるような感じでやってみてください。大事なのははく時のリラックスです。

投稿: MARI | 2008年5月27日 (火) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸法(部分調気):

« 水はだいじ | トップページ | よってたかって »