« ナーディ ショーダン | トップページ | 水はだいじ »

2008年5月23日 (金)

ヨーガ勉強会という名の

210 勉強会という名のもとに、若手ホープチームがうちに集合した。いつもクライマーがばかりでむさくるしい家なので女性がこんなにやってくることがまずない。女の子ってはなやかだ。

そして話は飛ぶ飛ぶ、当初は簡単なレッスンの組み立てをみんなでやろうかと思っていたが、インド話に始まってこれまたヨーガの話、宗教の話、趣味の話と心の赴くまま、話が流れるままにアアッというまに数時間たっていた。

前に進んでみようと顔をあげてキョロキョロしている若い新芽はかわいいし、力がいっぱい満ちている。いろいろぶちあたる壁もでてくるかもしれないけど、ポキっとおれずにしなやかに受け止めてかわしながら伸びていってくれるといい。柔よく剛を制す。かたくならずに自分の感性でやわらかく。

午前中のレッスンでは一番前のマダムは「春はいつもうつうつとして不眠症で眠れない」と。そういえば欝の症状がでているひとが5月は多いなあと思いつつ、ゆっくり調気する。レッスンの半分のあたりで仰向けになったとたん、マダムが「ガオーガオー」と大いびきをかいて眠り始めた。結構わたしが大声でしゃべっても「ガオー」は続いて気持ちよさそうだった。よかったですねえ、夜眠りにくいなら昼ねちゃえばいいんですよ。

サヴァアサナのときのアルファー波の出方はすごい。グッと深い緩みがくるので夜の浅い状態の睡眠の2時間ぶんを、5分間で超える。質のよいリラクゼーションは短時間でもものすごく気持ちがいいものだ。

|

« ナーディ ショーダン | トップページ | 水はだいじ »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

今日は本当にありがとうございました。いや~、若い婦女子は元気でいいのう。パワーいっぱいもらいました!

投稿: みちよ | 2008年5月23日 (金) 23時49分

自転車で遠くからありがとうございました。わかりにくいのに一撃で到着されてさすがです。一歩前をあるく方の話はとても参考になります。今度はお酒ありでと思うけど、そうするとそれこそ話がどこまで飛んでいくか・・・

投稿: MARI | 2008年5月24日 (土) 07時59分

○UMPで働き始めてまもない頃、○ンベルの店で背後から、「先生!」と呼びかけられ、廻りの状況からどう考えても自分がそうよばれていると理解し、振りかえるとそこに満面の笑みで真理さんがたっていました。
人生で初めて先生と呼ばれた日・・・・
あの時のショックは今も大切にしています。
先生・・・・
正確には、先に生まれた人ですね。

投稿: 登攀工作員 | 2008年5月24日 (土) 12時43分

まあ!先生ご無沙汰しております。
先に生まれただけではありません、常に前を歩いている方のことです。そして先生の写真のセンスにいつも感動しています。
写真を見るとその方がなにに心をうばわれたかわかります。技術でうんぬんより、その瞬間の切り取りかただと思うのです。だから先生の写真や星野道夫さんの写真はうまいなあより、いいなあ、なのです。

投稿: MARI | 2008年5月24日 (土) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーガ勉強会という名の:

« ナーディ ショーダン | トップページ | 水はだいじ »