« 早起きは | トップページ | 再び »

2008年3月20日 (木)

ごま油

311 今日も早起きして朝のクラスに。体と心をすっきりさせてからすきっ腹をかかえてアーユルヴェーダのドクターのところへ。体が冷えやすく疲れやすい体質の私への処方はごま油だった。秋の初めから春の終わりまで、毎朝おきてすぐにお白湯に大匙2杯のごま油を入れて飲むようにと。へーそんなので冷え性とかも直るんかなと思いながらも御礼を言って診療所を出る。

町でであった日本人の女の子とチャイを飲む。彼女はこれでリシュケシュ3週目らしい。「3月の一週目は大変でした」という。国際ヨガウィークというリシュケシュあげてのイベントがあり、泊まるところもないほどの混雑ぶりだったそう。そしてそのヨガウィークでは一週間の参加費用が500ドル、一日なら45ドルで米粒ほどのグルを見ながらなんとなくポーズをするそうである。でも裕福な国からたくさんのヨガ講師が参加していたとのこと。

どこもかしこも商業主義のにおいがする。ここリシュケシュではヨガが金になるのだ。リトリートというヨガ合宿を現地の人ではとうてい払えない高い金額でセッティングし、ディプロマを発行して聖なる名前を授けるのだ。裕福な国から修行にきた人達はいただいたお名前を後生大事にして自国へ帰ってゆく。

4000年も前に確立されたヴェーダンタの思想はすばらしいと思う。こんな考え方を何千年も前に確立していた賢人たちに会えたらなあと思う。余分なものはとりはらって一人で静かに歩いていくしかないのかな。

|

« 早起きは | トップページ | 再び »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごま油:

« 早起きは | トップページ | 再び »