« リシュケシュへ | トップページ | 巻紙 »

2008年3月11日 (火)

洗礼

066 サトウキビを搾った汁にライムを入れるジュース。気温30度をこす乾いた体にはたまらないが、やはりお腹いたの洗礼をうける。日本の薬はなにをのんでも効かない。どこの国でもその土地の土壌菌ととりあえず仲良くなるまでは時間がかかるが我慢。体の中にインドと仲良くなる抗体が出来るのをまつ。

お腹が痛いので川原でぼんやりしていると、小学生らしき二人がよってきて好奇心いっぱいで話しかける。「学校はさぼりか?」と聞くと「今日は試験だから早帰りで暇なんだ」とのこと。「その時計いいね、ちょうだい(とりあえず言うんだな)」とか「何か日本のものがほしい」という。名前を聞いて、アンケイドくんという名前なのでノートに安敬土と書いて日本語であんたの名前書いてあげたよというと大喜び。

086 宿泊しているホテルの最上階のヨガホールで夕方にレッスンがあるので、お腹の調子を気にしながら参加。マントラに始まりかなり強力なアイアンガーの2時間のレッスンだったが、宿泊者以外もたくさんの人がやってきてホールはいっぱい。人気のあるクラスのようだ。窓を開けきって風が通る。虫と一緒に夕方の気配が入ってくる。気持ちのよい時間だった。まだお腹はしくしくするけれど。

|

« リシュケシュへ | トップページ | 巻紙 »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗礼:

« リシュケシュへ | トップページ | 巻紙 »