« 余分なもの | トップページ | ごま油 »

2008年3月19日 (水)

早起きは

279 5時起床。6時からあるアシュラムのクラスを受けるために暗い中ゆっくり歩いていく。この夜明け前の東雲時はなんだか空間に静かな力がたくさんある気がする。遠くからきこえる誰かのマントラの声と牛のあるく音、少し朝の霧をふくんだ空気。ヨガホールにはもう30人くらいの人が座って、マントラを唱えている。静かに始まる呼吸法の指導とアサナ、洗練された内容だ。体が固い人もやわらかい人も関係なし。自分のできることを心地よくえんえんと動く。丁寧な指導と気のとおりのよいヨガホールですばらしい朝を満喫した。

朝食をかるく食べてから、アーユルヴェーダの体質診断を脈診と舌診でしてくれるという先生のところへ行く。並んだ挙句、朝ごはんを食べてしまったらきちんと判断できないからまた明日来なさいと。そうなんですね・・・また明日。

294 307 午後からリシュケシュのダウンタウンへ。週末にホーリーという春を迎える祭りを控えているので、あちこちで色粉をたくさん売っている。この色粉のはいった水を風船球や水鉄砲にいれてかけあいっこし、春の到来を祝うのだ。いろいろな店をブラブラしているとヒジュラの姉さんたちが踊っているのを発見!突撃取材して写真も撮らせてもらった。ヒジュラは日本でいうところのおかまの姉さんたちだが、インドでは第三の性といわれており、豊穣をさずける巫女さんの役目を果たしている。子授けや商売繁盛を祈祷するので、姉さんたちが店の前で踊りだしたら商店主はお布施を渡さなければならない。でものろわれると男性はち○こがたたなくなるらしく、ビクビクなんだと商店主のおっちゃんが教えてくれた。

|

« 余分なもの | トップページ | ごま油 »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早起きは:

« 余分なもの | トップページ | ごま油 »